会長のつぶやき

活動のきっかけ

活動のきっかけ

2015年当時、地域住民の高齢化によりコミュニティが希薄になり、だんだんと地域住民それぞれが関わりを持つことが少なくなっていました。また、私たちが住む重利山ノ下エリアは住宅地のすぐ横に山林があり、山の手入れをしないと今後災害時に土砂崩れの危険性が高まることがわかっていました。そこで、地元有志が集まり、関係者の協力・理解を得ることで山林の間伐を行い、結果として災害時の被害を最小限に留めることに結びつきました。

その後、毎年の手入れに加え、間伐材を利用したツリーハウスや花壇づくり、ピザ窯の設置、また夏には地域の小学生を集めて木工教室など世代を超えた地域コミュニティ拠点として活用の幅が広がっていっています。

2015年9月に始めた山の活動は、3年経った今地域住民にも認識されるようになってきました。近くの同じような住宅環境の住民から「ともに活動して進めたい。」と協力の依頼があったり、地域住民での活動が評価され、少しずつ広がっていることを実感しています。

私たちが住んでいる京都府亀岡市は初冬に霧が出るので有名です。亀岡市長の発案で生活には困り者の霧を観光名所にするべく「霧のテラス」を亀岡市が設置しました。テラスまでのアクセスは車でしか行けません。私たち重利の山を守る会では、テラスの真下にある京都学園大学の駐車場に駐車して歩いて行ける遊歩道を学生ボランティア、地域住民、当会で作ることを提案しています。私たちの重利の山もこの霧のテラスに隣接しています。時間はかかると思いますが、私たちの山と遊歩道が繋がって、散策できるようにと思っています。

私たちはこれからも活動を続けることで、魅力あるまちづくりに貢献したいと考えています。そうすることで若い世代、子供たちにとって「住みたいまち」になって欲しいと願っています。